頭髪が薄くなってきた人に共通する「願望」は、
「また生えてこないかなあ」というものに違いありません。

しかし、当サイトの記事だけでも
いくつか読んでいただければ分かると思いますが
基本的には、髪は生えて・抜けてを繰り返しています。

そして、抜ける量が映える量を上回った時点で「目に見えて」減少していきます。

しかし、その時点でも新しい髪は生えているのです。

絶対に髪が生える方法を探すことよりも
髪が生えている状態を維持しつつ
改善していくことの方が非常に重要であり、現実的です。

髪が生え続けている、発毛し続けている

その時点ならまだ間に合います。

「どうにもできない」という状態になる前に始める

いわゆる、「ツルッパゲ」という状態になってしまうと
正直言って、「発毛」させるのは非常に困難です。

いわゆる「毛根」が「死んだ」と言われている状態であり、
その状態が「定着」してしまうと、「復活」は難しくなります。

その状態への対処は「植毛」しかありません。

「不毛状態」の人に共通していることは、頭皮が硬くなっているということです。

硬くなった頭皮が、毛根を閉ざし・・・

新たに生えてこようとする頭髪を抑えてしまいます。

このことから、頭皮を柔らかく保っておくことも
発毛を促進するためにとても大切なことです。

女性の方が克服しやすい問題

女性の場合、「ツルッパゲ」になることはほとんどなく
たとえ極端に抜け毛が多い場合であっても、
しっかりと改善策をとれば、ボリュームを取り戻すことが可能です。

80歳、90歳くらいになっている段階では、
流石に頭髪が薄くなってくるのは、避けることはできません。

薄毛は、全人類共通の「生理現象」の1つです。

しかしながら、男性に比べて女性の「おばあさん」は
100歳近くになっても、髪がしっかり生えている人も珍しくありません。

このことからも、女性の方が「残っている」という状態を
保ちやすい傾向があり、「なんとかできる可能性」が高いと言えます。

そうは言っても、油断することはできず
男女共に、とにかく「早め」の対策が重要になります。

薄毛の要因の半分は「抜け毛」であり
発毛と同じく、それ以上に重要なものになります。

加齢を中心として、「発毛力」の衰えは避けられない場合もあります。

しかしながら、わずかでも生えているのであれば
「抜けさせない」ことで、そのボリュームは維持・増加することができます。

まずは「守る」こと、そして「強化」すること
そして、結果的に「増えている」ということが理想です。

>>一番おすすめの女性専用育毛剤「ルルシア-LULUSIA-」の効果と評判

薄毛が目立たなくなるまでにかかる時間

「早く生えて来い」

自分の抜け毛の多さ、そして薄毛の進行に危機感を持ち
「育毛剤」や「発毛クリニック」といった、本格的なケアを始めた人というのは

まだか、

まだか、

と、結果を焦りがちです。

当然のことではありますが、育毛剤を塗ったから
育毛サプリを飲み始めたから、すぐに生えてくるものではありません。

薄毛の段階が改善するためには、段階というものがあり
もちろん、人それぞれ改善していく仕組み
そしてその改善スピードは、異なるものであると言えます。

まずは「抜け毛」を減らす

髪が抜けなければ、頭部のボリュームが薄くなることはありません。

「あまり生えない」にも関わらず「しっかり抜ける」からハゲるのです。

そのため、薄毛の改善過程というのは
「生えてくる」以前に「抜け毛が少なくなる」という事態が起こります。

これは、薄毛の原因が

  • ホルモン
  • 頭皮環境
  • 栄養素の過不足

どの要素であっても共通していることであり
この段階を経ないことには、本格的なボリュームアップは叶いません。

抜け毛が経ってくる段階というのは、「抜け毛を防ごう」という働きかけに加えて
「生やそう」といった、より強い働きかけが必要になります。

いくら根本要因だからと言って、「抜け毛を増やしたい」というのは
「守り」の姿勢であり、「生やすぞ!」という強い気持ちがあって初めて
最も最初の段階にすぎない、「抜け毛の抑制」がかないます。

そのため、「抜け毛を減らすためのアプローチ」に加えて
必ず「改善アプローチ」を取り入れる必要があります。

それは「頭皮マッサージ」といった、手軽にできることものから
育毛アイテムといった、お金がかかるものまで
また更にその先には「AGAクリニック」といった「本気のケア」も存在します。

努力と改善のスピードは比例する

「どのくらいでフサフサに戻るのか」

この問いは、「人による」という前提がありながらも
当然のことながら、「本気であればあるほどに早い」と言えます。

そして、忘れてはならないことは
薄毛が進行する「基礎中の根本要因」は

加齢

という、避けることができないことになります。

そのため、

「できるだけ早い段階(若いうち)」

「本気のアプローチ」を集中することが、ベストな行動と言えるのです。

以上、薄毛克服の秘訣しては「当然の常識」と言えることです。

「本気にならないと厳しい」という現実があります。