<育毛>という働きかけには、様々な段階があります。

基本的には、その”ハゲ具合”によって「本気度」が変わるものであり
放っておくことによって間違いなく進行する薄毛というのは
それに伴って、より高い育毛アプローチを行っていくことになります。

そもそもハゲる理由として、最も大きな割合を割く要素が
「性ホルモン」によるものであり、特に男性にとっては
「AGA(男性型脱毛症)」の原因が、男性ホルモンが悪質化した物質である
「ジヒドロテストステロン(DHT)」であることは、広く知られるものでもあります。

このジヒドロテストステロンは、”生やす力”を奪い
やがて「抜けるしかない毛」しか、残らない状態を招きます。

薄毛対策において、かなり高度な内容と言える段階が
いわゆる「AGA治療」と呼ばれる、専門クリニックへの通院であり
この治療内容というのは、テストステロンがジヒドロテストステロンに
変化するする過程を防ぐことが、主な目的となります。

そしてAGA治療と言えば、「プロペシア」と「ミキシジル」というほどに
これら2つの成分は、薄毛の克服の鍵を握る物質として知られており
実際に、非常に大きな効果を期待できる成分と言えます。

イクオス

薄毛の根本原因をシャットアウトする

まずプロペシアの働きとして、簡単に言い表せば
<ジヒドロテストステロンを作らせない>ことであり
具体的には、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の働きを阻害する働きがあります。

テストステロンに、この5αリダクターゼが結びつくことで
ジヒドロテストステロンが、発生してしまうのであり
つまり根本的な抜け毛の要因を、抑えることができるのです。

その際に活躍する成分が、プロペシアに含まれる「フィナステリド」であり
この名前に関しても、多くの方が聞いたことがあるはずです。

また経口薬(飲み薬)であることも、育毛剤と異なる点と言えます。

ミキシジルの効果に関しては、「強制的な血管の拡張」と言えるものであり
特に薄毛の要因の1つである「頭皮環境」に対して、アプローチすることが主です。

もともと高血圧の患者のために、血圧を下げる手段として利用されていましたが
毛髪にも効果があることが分かり、薄毛対策成分として広まりました。

ミキシジルに関しては、頭皮に塗布するアイテム
またプロペシアと同じく、口径摂取の両方が存在します。

一般的に、個人的に「手に入れやすい」ことも特徴です。
(医師からの処方・個人輸入でしか手に入らないプロペシアに比べ
ミキシジルを配合したアイテムは、いくつか市販されています。)

ただし「副作用」もあることが事実

そして、これらの成分につきものな要素が「副作用」です。

副作用がなければ、全ての方が「育毛剤」でなく
迷わず、最初からAGA治療を受けるはずと考えられます。

副作用の内容としては、「肝機能障害」といったものが顕著な症状であり
肝臓における機能障害は、様々な悪影響を及ぼすものであり

  • だるさ
  • 黄疸

分かりやすいものだけでも、以上が挙げられます。

加えて「精子」に関しても、量・質に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

またミキシジルに関しては、塗布の際の「かぶれ」等も報告されているようです。

プロペシア・ミキシジル共に、実際に「効果がある」と言えます。

この「効果を謳える」という点が、一般的な「いわゆる育毛剤」と異なる点であり
当サイトでも紹介しているものも含め、ほとんどの育毛アイテムというのは
「これを使えば、必ず生える」とは、言えないものになります。

この辺は、「薬事法」といったものが影響するものであり
「線引き」に関しても難しいものであると言えますが
「必ず効果があるとは言えない」一方で、「副作用」がないことがポイントです。

副作用をとるか、効果をとるか、ということになりますが
最近では、やや事情が異なるアイテムも見られるようになりました。

副作用を排除した理想的な成分

それが何かというと・・・

例えば、「ミキシジルと同等以上の効果を持つ成分」を配合した育毛剤であり
当サイトで紹介している「イクオス」には、「M-034」という成分が配合されています。

強力な成分と同じ・それ以上の効果を得られる可能性があり
尚且つ「副作用」がないと言えば、まさに理想の成分と言えます。

もちろん「経口投与」でない、「塗布としての効果」になりますが
何よりも副作用がないメリットは、「始める際のハードル」が低いことです。

薄毛対策において、最も重要な段階は「抜け毛」を減らすアプローチであり
抜け毛の対策に関しては、薄毛対策にとって一貫して欠かせないものと言えます。

「つるっぱげ」になってしまった場合には、
残念ながら<植毛>という手段しかありません。

とにかく、とにかく、抜けないことが大切なのです。

なんだかんだと言っても、特にプロペシアに関しては
着実に効果が現れることが、最も大きな特徴であるといえます。

そして、その分、副作用があります。

しかしながら、本来であれば「使うか迷う」事態になることが悪いのです。

副作用のある劇薬も、育毛剤も、使わないことに越したことはないと言えます。

以上の解説を読んでいただき、早めに始めることを決心していただければ幸いです。