ハゲないために必要なことは、”まずは抜けないこと”です。

しかしながら、そうは言ってもやはり「発毛」について
「守り」ではなく「攻め」について知りたい人が多いはずです。

この発毛という要素に関しては、容易である人と困難である人の差が
非常に大きなものであり、「時間」や「お金」がかってしまう人や
またいくらかけても、改善できないケースも珍しくありません。

大切なことは「手遅れ」にならないうちに始めることです。

ケアを受け止めるために「頭皮環境」を整える

薄毛に怯えている方であれば、

  • 頭皮の血行を促進する
  • 頭皮が硬くなるのを防ぐ

といったフレーズを、耳にしたことがあるはずです。

「毛にとって最も重要な要素は、「頭皮環境(の質)」であると考えます。

「完全に硬くなってしまった」頭皮からは、発毛させることはできません。

「ツルツル」で凹凸の感じられない頭皮からは
発毛機能は、ほぼ完全に失われていると考えられます。

そのため、発毛に対するアプローチは
発毛環境が完全に失われる前に、始めなければ意味はありません。

頭皮とは、発毛・育毛状況の「バロメーター」であり
それ自身が、髪を生やすための鍵を握っています。

「頭皮」とは「土」であると考える

頭皮とは、髪が生えてくる「土壌」であり
この土壌に「栄養(髪を構成する成分)」と「水(血流)」が
十分に行き渡って初めて「発毛(発芽)」します。

また、いい土壌で育った作物は、枯れてしまったり(切れ毛)
根が弱ってしまう(脱毛)することもありません。

頭皮環境を健康に保つことは「抜け毛」を防ぐことと
「発毛」を促進することの、両方に有効なアプローチなのです。

頭皮環境が、「原因」となってしまっている薄毛は、
様々な状況を考えることができ、早急にケアするべきです。

おすすめのアイテムは、何といても「イクオス(IQOS)」です。

 

できるだけ早く、試してみて欲しいと思います。

最初の1本を生やすことができれば、
その「土地」は「死んでいない」ということになります。

再度「開墾」できる土壌であり、一気に希望は膨らみます。

何より大切なことは「早く始める」ことであり
諦めない・希望を捨てないことになります。

1本でも生えてくることができれば、希望は必ずあります。

「土壌」に栄養を与えることも大切

「育毛サプリ」と呼ばれるアイテムは、「育毛アイテム」の中では
実は比較的新しいアイテムであり、昨今一気に広まったアイテムでもあります。

基本的には、「ノコギリヤシ」と呼ばれる
特殊な・希少な成分によって、男性ホルモンの悪質化である
「テストステロンが、ジヒドロテストステロンに変化する過程を抑制」することで
「抜け毛」のリスクを、減少させることになります。

と同時に、発毛・育毛を見据えた際には
上記した頭皮環境(土壌)を整える、効率的な手段の1つと言えます。

また最近では、女性向けのサプリも様々な種類が販売されており
その基本的な効果は、やはり「性ホルモン」に向けたものが多く
また「更年期」のためのサプリも、薄毛対策に利用できると話題です。

  • 男性ホルモンの異変を防ぐ
  • 女性ホルモンの減少を補う

男性用・女性用の違いによって、効果・コンセプトは
それぞれ微妙に異なりますが、共通していることとして
”届かなければ意味がない”という、サプリ全般に関わるものが存在します。

育毛成分がうまく届かない理由

そして、様々な有効成分が「届かない」という事態は

  • 髪に届かない
  • 髪を生やす組織に届かない

この2つの角度から生まれます。

育毛サプリに含まれる成分というのは

  • 脱毛を抑制するための成分
  • 髪そのものになる栄養素

この2つが主成分と言えますが
「届ける成分」というのは、含まれていません。

各種有効成分を、実際に届けるのは「血液」であり
「血液を綺麗にする成分」その通り道である「血行を改善する成分」に関しては
多少配合されてはいるものの、本格的な改善と考えた際には十分ではありません。

育毛サプリのメリットは、やはり「副作用」がないことですが
副作用がある「薬」に比べれば、やはり効果は小さいものです。

というのも、薬が持っている力・メリットというのは
「効果そのもの」だけでなく、「必ず届ける」ということも含まれるのです。

「効き目のある成分を、強制的に運ぶ・届ける」ことができるのが薬であり、
その反動が、副作用と呼ばれるものなのです。

しかしながら、そういった「体への愛影響」を排除したものが
サプリと呼ばれる健康食品であり、取り除いた能力は補う必要があります。

それが育毛サプリにとっては、届ける・届きやすくする、ということであり
「頭皮マッサージ」等によって、頭皮を物理的に柔らかくすることで
髪自体・髪を生み出す細胞に、有効成分が届きやすい状態を作ることが挙げられます。

薄毛対策は「肉体改造」と考える

更に血行の改善は、頭皮・頭部に限らず
体中の血液・血管に働きかけることで、より効果的なものになります。

これは「動脈硬化の予防」という、健康状態の改善にもつながることになります。

そもそも、血液に問題を抱えていることによって
血流が悪化してしまっていることも、珍しくはありません。

これは「高血糖」や「脂質異常症(高脂血症)」の患者に顕著であり
太っている人の中に、薄毛の人が多い理由として
太る過程が、血液を汚す過程そのものであるためです。

育毛サプリは、他のサプリに比べれば高価であることは確かであり
せっかく決心して、期待して買って、「いい成分」が含まれているのにも関わらず
それらが十分に届いていなければ、いろいろな意味でもったいない事態と言えます。